離婚後のトラブルは自力で解決するよりも弁護士へ

Posted by jimmy on 月曜日 12月 24, 2018 Under その他

結婚する時には自分達だけは離婚しないと思ってしまいますが、実際には離婚する夫婦って多いんですよね。
離婚の原因は人によって違いますが、離婚が結婚の3倍大変と言われている通り協議離婚や離婚調停が成立したらそれで終わりという訳にはいかないのです。
実際には離婚後に元配偶者と揉めるケースは多く、慰謝料や養育費が振り込まれない、子供との面会の約束が守られない、元配偶者から嫌がらせをされているなどのトラブルがあります。
確かに、私の知り合いも養育費を払っているのに子供に合わせて貰えない人もいるし、離婚しても何らかのトラブルを抱えてしまうみたいですね。
離婚後のトラブルを抱えてしまったら自力で解決する方法と弁護士に依頼して解決してもらう方法があります。
離婚した夫婦は信頼関係が損なわれている状態なので自力で解決するどころか、トラブルが悪化する事が多いので、離婚後のトラブルは弁護士に解決してもらう方がいいでしょう。
元配偶者が話し合おうとしても無視されることが多いですが、弁護士からの通知が届いたら無視することはできず、養育費を払うようになったり、子供との面会もきちんとできるようになります。

Comments are closed.