税理士として父親の会社を助けたい

Posted by jimmy on 月曜日 6月 17, 2019 Under その他

私は、松山で税理士をしております。
私が税理士を目指したきっかけは、父親が小さい工場をしておりまして、なかなかいい税理士に出会えないと嘆いたことからです。
私が税理士の勉強を始めたのは、大学を卒業してすぐでしたが、なかなか一発合格とはいきませんでした。
父親の会社で経理の仕事をしながら、11年かかってやっと取りました。
経理といっても、最初はよくわからなくて挫折しそうになりましたが、簿記の勉強を始めて簿記2級が合格したころには、経理の仕事も面白くなってきました。
その間、父の会社はつぶれることなく細々とでも続いていて、晴れて私が税理士の資格を取って父の会社の税理士になりました。
父の会社には兄も働いているので、父親が退いたら兄が社長になるだろうと思います。
家族経営は、従業員の人はあまりいい印象を持たない人が多いですが、うちはそんなことはありません。
父がいつも従業員のことを気にして、大事にしているので従業員の人たちともうまくやっています。
私も、いつかは独立して自分の税理士事務所を持ちたいと考えております。
そしてもっと顧問先を持って、税理士として父の会社を助けたいと思います。

Comments are closed.